霞の日本語



緑の帽子

绿帽子
古时候,有一对夫妻,妻子是一位主妇,生得娇艳可人、风韵犹存,平时在家里做点针线活。因生得貌美,早就已招徕一些狂蜂浪蝶追求,丈夫是一个生意人,要经常到外面去做生意,两口子的日子过得也富裕,在丈夫外出的日子里,妻子就不免枕冷襟寒、 寂寞难耐,终于有一天,妻子忍不住跟街市一个卖布的好上了,在丈夫外出做生意的时 候,他们就巫山云雨地在一起厮混。有一次,丈夫回家后三个月都没有外出,直煎得那个卖布的天天在他们家附近打转,一天,丈夫骑着马到城外打猎去了,经过街市,那卖布的见了非常高兴,以为他又要外出做生意,当晚就迫不及待地窜进了妻子的卧室,准备和相好幽会,当晚丈夫回来了,几乎将他逮了个正着,妻子也吓了个半死,那卖布的只好哆嗦在人家的床底一整晚。
这件事后,妻子就向那卖布的要了一块绿色的布料,做了一顶帽子给丈夫,还和那卖布的约定,当你看见我丈夫戴上绿帽子外出的时候,你就可以来了。过了几天,丈夫又要外出做生意了,妻子赶紧拿出那顶绿帽子对丈夫说:“外面的风沙大,戴上就不会弄脏了头发,这颜色让你看起来很俊,以后你每次外出我都为你做一顶,就像我跟在你身边一样,你就不用牵挂我了”,丈夫听了很开心,以为自己真的很俊,于是高高兴兴戴上那顶绿帽子,骑着马得意洋洋穿过街市,到外地做生意去了,当晚,他妻子就和那卖布的睡在他的床上。以后,那个卖布的凡见了那丈夫戴着绿帽子外出时,心里都不禁心花怒放:“哈!你的绿帽子真是很俊,不过今晚该到我俊了”。于是,绿帽子的说法就这样传下来了。

日本語では、難しいなあ~~~
総じて言えば、昔、ある奥さんは、ご主人がいないときに、隣の 布を売る男 と 姦通 した。 数度に もう少し ご主人に 気づくところだった。危ない と 思っていた 奥さんは、 ある仕方を 考え出た。この奥さんは、主人に 布を売る男の緑の布で 帽子 を 作ってあげたから、「あなた、遠い外の仕事は、大変だし 風砂も 強いし、この 帽子 をかぶるのほうがいいよ。そして、緑は、あなたに もっと ハンサム にしてる」と主人に 言って、「主人があの緑の帽子をかぶるのをみたところへ、私に 来ること いいよ」と布を売る男に言った。 
   それから、主人が、遠く行くたびに、緑の帽子をかぶって、妻が優しいとおもって、うれしかった。けれども、あの「妻」は、同時に、姦夫と一緒に 楽しかったねえ。
  
   これは、緑の帽子って の出典です。
[PR]
by lucyar | 2007-03-05 22:21 |
<< 暗誦する 仕事が始まりますよ >>


日本語が好きだ、または、中孝介の島唄が大好きだ
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧